応募を検討されている方へ

国内研修概要

全5回のプログラムでは、日本から世界に挑戦する先輩起業家、各分野の専門家を講師に招き、ビジネスアイディアの構築・ブラッシュアップ方法、オンラインでのグローバルコミュニケーションやプレゼン、ピッチのコツを習得します。

国内研修内容詳細

サンフランシスコ・シリコンバレーエリアを中心とする世界のスタートアップ動向や「起業家」として持つべきマインドセットについて、先輩スタートアップ起業家や、スタートアップを支える弁護士によるパネルディスカッションから学びます。また、「最近よく耳にするけれど、正直よく理解できていない」と思われがちなWeb3.0やメタバースを含む、アメリカの最新ビジネスの感覚を掴むことを目的としています。

研修内容:

・オリエンテーション
・基調講演:スタートアップについて理解し、世界のスタートアップ状況を把握する
・パネルディスカッション:起業に至った経緯, 起業することの楽しさと苦労, スタートアップ支援の実態
・Q&Aセッション

日時:

2022年10月29日(土)

開催形式・開催場所:

オンライン・福岡市内会場ハイブリッド開催

登壇者:

Brandon Hill

btrax, Inc. Founder & CEO

井口 尊仁

Audio Metaverse Founder & CEO

吉田 大

Blackbelt Legal, Inc. 代表弁護士

btraxで活躍するファシリテーター主導のもと、デザイン思考をベースとするメソッドを活用し、生活者視点の課題の定義と、その課題を解決しうるビジネスアイディアを組み立てる発想を学びます。ワークショップ形式で、実際にレクチャーを受けながら手を動かし、周囲とアイディアを共有しながらインタラクティブに行う研修です。シリコンバレーエリアでは「母国語」のように浸透したメソッドを実感を持って学んでいただきます。

研修内容:

・ワークショップ:デザイン思考の手法をベースに、ユーザー課題を探り、その課題解決案となるビジネスプランをワークショップを通して形にする
・セミナー:エレベータピッチの基礎・成功するピッチスライドの実例など
・Q&Aセッション

日時:

2022年11月12日(土)

開催形式・開催場所:

福岡市内会場にてオフライン開催

講師:

三井 佑馬

btrax Japan Design Researcher

ますます国境が薄くなってきたビジネスシーンにおいて、グローバルコミュニケーションに対するマインドセットやスキルを身に着けることはビジネスの明暗を分けうるほど急務になってきています。この回では、グローバル規模でビジネスをするための英語との向き合い方や、言語ではなく、コミュニケーションツールとしての「英語」の捉え方についてレクチャーします。

研修内容:

・セミナー:オンラインでのグローバル・コミュニケーションのとり方
・Q&Aセッション

日時:

2022年11月26日(土)

開催形式・開催場所:

オンライン開催

普段なかなか接することがない一方で、スタートアップや起業時にはビジネスの成長に欠かせない存在となる投資家。この回では、投資家自身からのレクチャーを通して「投資家の目線」を学び、彼らが注目する分野やサービスの特徴やビジネスアイディアを評価する際に見ているポイント、資金調達のリアル、そして彼らに響くプレゼンの方法について広く習得していただきます。

研修内容:

・セミナー:投資家が注目する分野・サービスについて, 投資家へのピッチ・プレゼンテーションのコツ
・Q&Aセッション

日時:

2022年12月11日(日)

開催形式・開催場所:

オンライン開催

国内研修最終回は、ピッチエントリーへの選考通過者による英語でのピッチバトルを行います。審査員には投資家をお迎えし、これまでの4回の研修を経て得た知識やスキルを生かして練り上げたビジネスアイディアをピッチ。サンフランシスコにて現地開催されるピッチイベントへの出場枠を競っていただきます。また、起業し、企業経営をする際に欠かせない法務に関する知識を現役弁護士よりレクチャーいただきます。

研修内容:

・ピッチバトル:海外ピッチイベント(SF Pitch Night 2023)への登壇枠をかけた英語でのピッチバトル
・セミナー:起業時に最低限押さえておきたい法務知識を理解する
・海外研修への準備セッション

日時:

2022年12月24日(土)

開催形式・開催場所:

福岡市内会場にてオフライン開催

国内研修で学べる5つのポイント

全5回の国内研修では、以下の5つのポイントを、起業家、投資家など各分野の専門家からのレクチャーを通じて習得していただきます。

  • 現役の起業家による世界のスタートアップに関する最新情報や、スタートアップ創業のマインドセット

  • デザイン思考ワークショップ、ユーザーが抱えている課題に基づくビジネスアイディアの組み立て方

  • 投資家目線で「投資したくなる」プレゼンのコツ、投資家が現在注目しているビジネス分野やサービス

  • 世界で通用するプレゼンテーション、グローバルコミュニケーションのポイント

  • 英語でのピッチバトル、ピッチイベント登壇

海外研修概要

海外研修では、サンフランシスコ・シリコンバレーエリアに5日間滞在します。

海外研修の参加者は、
・現地でのピッチイベント『SF Pitch Night』でのピッチ登壇
・グローバルビジネスになりうるサービスアイディアへのフィードバックを得るためのヒアリング
の2点を通して、現地で得た新たな気づきをサービスに反映することで、既存のアイディアをグローバルビジネスとして展開できるよう、改善を図ります。

※海外研修への参加者10名は、国内研修内で選抜いたします。

SF Pitch Nightとは

SF Pitch Night 2023とは?

サンフランシスコで行われるピッチイベントの場で、英語でのピッチとQ&Aセッションを行います!アメリカ現地のオーディエンスに向け、ご自身のサービスやプロダクトのアイディアを積極的にアピールしていただきます。出場する参加者にとっては、海外進出の足がかりとなる大きなチャンスとなります。

※プログラム内容は新型コロナウイルスの影響等により変更になる可能性もございます。

※サンフランシスコ現地で開催したSF Pitch night 2020の様子

コース種別

研修は、ご参加の目的に合わせて2つのコースからお選びいただけます。

Aコース

最大10 名
「国内研修+海外研修」の受講

こんな方におすすめ

  • 国内研修を経て、実際にサンフランシスコ・シリコンバレーでビジネスプランをグローバル向けにアップデートしたい方
  • サンフランシスコ現地のピッチイベントにて、ご自身のビジネスアイディアをピッチしたい方

※Aコースをご希望の方へ

本コースへの所属は、国内研修内の選考によって決まります。国内研修内にて、ビジネスプランをご提出いただき、ピッチ選考を行うことで本コース所属を最終決定いたします。応募時点では希望されていなくても、研修期間内にエントリーすることは可能です。

Bコース

最大100 名
「国内研修」の受講

こんな方におすすめ

  • 海外研修に参加することを希望していない方
  • 現時点でビジネスプランをお持ちでないものの、将来的に起業または海外展開を検討している方

応募期間

2022年9月16日(金)〜 2022年10月 14日(金)

参加費

無料
※海外研修の渡航費用、現地滞在費用は参加者個人負担になります。

応募条件

・福岡市に在住、または福岡市内の会社・大学等に通われている方
・福岡市で起業を検討されている方や起業支援者のいずれかに当てはまり、下記条件を満たす方が対象となります。

①ビジネスを既に海外へ展開している方、もしくは海外展開を目指している・興味がある方
②日本語での聴講やワークショップへの参加が可能な方
③原則として参加を希望する研修プログラム全日程への出席が可能な方


※外国籍の方も参加可能ですが、米国でのビザ取得はご自身で行っていただきますので予めご了承ください。
※応募数が予定数をはるかに上回った場合、居住地や応募理由などを元に福岡市との関連性が高い方から、事務局で選考いたします。

応募方法

​本Webサイト上の応募フォームより必要事項を記入の上ご応募ください。

選考方法

応募者多数の場合は、応募内容に基づき選考を実施いたします。審査/選考結果はご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。プログラム参加者発表は10月21日(金)頃を予定しております。

留意事項

海外研修については、新型コロナウイルス等の感染拡大やその他の事由を鑑み、主催者の判断により開催中止とする場合がございますので予めご承知おきください。

なお、前項記載の場合に加え、入国等に際しワクチン接種等の新たな義務が必要となった場合、その他参加者の責任に拠らない不測の事態により参加できなくなった場合にあっても、参加者が参加のために支出した一切の経費(具体的には、航空券や宿泊代等のキャンセル料が想定されますが、これらに限りません。)については、福岡市および運営事務局はこれを負担しません。

参加者が渡航中に新型コロナウイルス等の感染症を発症又は濃厚接触者になった場合等において、現地の保健当局の指示などに基づき隔離入院その他の措置が必要となる場合等がありますが、これに要する経費についても参加者にてご負担いただきます(高額な自己負担が発生する恐れもありますので、必要に応じて、当該費用をカバーする海外旅行保険への加入等をご検討ください)。

応募する